局中法度之書

◆ トップページ・新撰組と土方歳三の幕末物語 ◆
■ 土方歳三と新撰組 その歴史 ■ ■ 鬼の副長 土方歳三 ■ ■ 土方歳三とお琴 ■
■ 局中法度書 ■ ■ 新選組の剣術 ■ ■ 新撰組の編成と3強 ■

新撰組には隊の規律を守るための非常に厳しい戒律が存在します。
「局中法度」というの名前自体は現代の世から出た創作呼称らしいですが、隊に厳しい戒律があったのは事実です。

新撰組 禁令隊規
一、士道に背きまじき事
二、局を脱するを許さず
三、勝手に金策すべからず
四、勝手に訴訟取り扱うべからず

※「私の闘争を許さず」は、史実の記録には存在しないのでここでは省きます。

この禁令隊規は、土方歳三が作ったとも近藤勇が作ったとも言われています。
この規律に反した者には切腹が申しつけられたと言います。つまり「死」という事です。

誰のアイディアだったとしてもこれを決定事項として遂行していたんですから、もの凄い気合の入りようです。
まず、新撰組に一度入ったなら抜ける事が許されなかった訳です。
当時、新撰組は多くの事件を解決する事により正式な国の任命を受け、特別警察部隊としてまとまった姿をしていました。ですから浪人たちにはカッコよく映っていたようです。
それに加え、志しと十分な技術があれば身分を問わず誰でも入隊できるとあって、拠り所の無い浪人連中は生活の安定と日々のメシを求めてわんさか集まって来ました。また、力を誇示して振舞いたいが為に肩書や新撰組所属の旗印を欲しがる半端者も多かったようです。
しかし、ズレた気持ちで入隊して「疲れたからイヤだ。」とか「納得いかない。もうついて行けない。」などという理由で、「やっぱり、やーめた!」という事は許さない という事だったわけです。

そして、一番すごいのが第一条の「士道に背きまじき事」
臆病風ふかして無様な事をさらしたり、武士としての生き方にあるまじき事をしたならば「死んでもらう。」という認識と暗黙の圧力です。
もの凄く厳しいですね。

これだけ厳しくする理由は、格好だけの志や身勝手な理屈と威勢だけで入ってくるようなハンパ者は絶対に許さないというところにありました。新撰組はどこから集まってくるか分からない烏合の集を一切の身分・履歴を問わず入隊を許可する訳ですから、このくらい厳しくしないとまとめられなかったのでしょう。

身分は会津藩預かりの立派な公的組織ですから、ゴロツキの私立集団にしたくなかった実情もありました。もしも、そういうのを許してしまったなら、この組織はバラバラになり、甘さが甘さを呼び、格好と私見だけのただの粗暴な仲間達になってしまいます。
厳しい戒律を貫く事が、組織をまとめる唯一の箍(たが)だったのです。

この隊規は幹部・平隊士を問わず、全員に平等に適用されました。
実際に、初代の局長や副長クラスの者も粛清されたり、切腹したりもしています。

一切の例外を認めなかったわけです。そしてそれが、新撰組を運営していく上で大きな要になりました。

唯一の例外としては、伊東甲子太郎という論客が中途入隊後に総長という大幹部まで上り詰めますが、発言力を強めた伊東は新撰組本体との意見相違・批判から激しく対立し、何人かの同士を引連れて新撰組から出て行きます。
新撰組本体も表向きは分派という形で例外的にそれは許す体裁を取ります。しかし、リーダーの伊東甲子太郎が敵方の薩摩藩と通じていたという情報から、その後間もなく暗殺されます。

また、江戸の頃からの友である重鎮幹部の山南敬助も規律違反の為に死んでいます。
この事に関する詳しい内情を記された物は存在しませんが、記録には山南敬助が規律違反(脱退)により切腹になったとだけあり、大きな何かが内部であったのではないかとも考えられます。

京都警護の時代、隊士の半分近くが隊規違反で命を落としていったといいます。
土方歳三が隊の実務や規律を切り盛りし、監察(密偵)を使い、全ての情報を把握し、この厳しい規律の下、一切の例外を認めず冷酷に隊の管理を行っていたと言われています。

これが、皆から "鬼の副長" と呼ばれた大きな理由でもあります。


◆ 掲載コンテンツの著作について ◆
このウェブサイト及び紹介する作品群の全ては STUDIO-DzHが所有・運営しており、 その著作権及び関連する全ての権利は弊社に帰属します。
営利・非営利を問わず、このウェブサイトに掲載されている 画像、動画、音楽、音声、文面、作品の内容、脚本の一部、もしくは 全部等の著作物を当社の事前の承諾なく、複製・加工・配布・再出版、作品化 及び販売/ コンテンツ盗用などの一切を厳しく禁止すると共に、権利は法令により保護されており、これに違反した場合は厳正に対処するものとします。

Copyright(C) 2007-2017 STUDIO-DzH Filmmaker, All Rights Reserved.